消費者金融審査通過WEB|消費者金融の審査に通る為には

消費者金融の審査に通る為には!

消費者金融の審査に通るためには!ということで当サイトでは消費者金融との契約の際に行われる「審査」について迫っていきたいと思います。

 

しかしその前に、「審査とは何?」という消費者金融の利用初心者の方に、消費者金融についての前知識をご説明しましょう!

 

そもそも、消費者金融とは、契約をすることでお金を融資してもらえる便利なサービスのことです。

 

流れとしては、

  1. 契約をしたい消費者金融に契約を申し込む
  2. 契約可能かどうかの審査が行われる
  3. 審査に合格すると本契約となる
  4. お金の融資手続きをして、お金を借りる
  5. 返済をしていく

といったものになります。

 

「お金をどこかから借りるだなんて、危ないことでは?」と、お金を借りる行為に対して罪悪感や不安を覚える方もいるのではないでしょうか。特にドラマなどで「借金取りに強引に取り立てられるシーン」なんてものは見たことがありませんか?

 

ああいったシーンを見たことが記憶に残っている方のほとんどは、消費者金融に対してマイナスイメージを抱いているものだったりします。

 

ですが、あのようにドラマで恐ろしいイメージに描かれている消費者金融は、いわゆる「ヤミ金融」といったものです。一般的な消費者金融は、法律の下で運営されているので、ヤミ金融とさえ契約をしなければ、ドラマのようなことには早々なり得ませんので、ご安心ください。
(ちなみに当サイトの別ページにて、ヤミ金融の見抜き方も特集しておりますので、どうぞそちらもご覧ください。)

 

このようなマイナスイメージをもたれる方がどうしても少なくはない消費者金融ですが、近年では消費者金融そのものもクリーンなイメージ作り、そして利用しやすい環境作りへの努力をしています。

 

その結果、近年では年齢や性別も問わず、消費者金融の利用者は増加傾向にあります。利用用途についても調べてみると、数万といった小額の借り入れや、旅行のための資金、ショッピングのためにと気軽に利用されている方が増えてきているのも特徴的です。

 

プロミス
最短1時間 30日間無利息が初めての借り入れ翌日から適用されます。サービスも充実しており、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があると24時間振込キャッシングが受けられるだけではなく、24時間インターネット返済も手数料無料で行うことができます。

 

唯一手数料がかかるのは提携コンビニATMと銀行振り込みによる返済だけであり、三井住友銀行ATMも利用手数料無料です。充実したサービスがあり消費者金融の中では最大手となっています。
30日間無利息サービス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

実質年率 限度額 評価
4.5%〜17.8% 500万円

モビット
モビット 条件がクリアできればWEB完結、カードレスのキャッシングが利用できます。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座があること、組合員保険証か社会保険証があること、これでWEB完結が利用できます。給与明細書2か月分の提出で、電話連絡もなく契約が完了します。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

実質年率 限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円

アコム

30日間無利息が契約翌日から適用されます。楽天銀行の口座があると24時間振込キャッシングの利用が可能です。全般に見るとサービスの種類はプロミスと変わりがありませんが、質で考えるとプロミスが秀でています。

実質年率 限度額 評価
4.7%〜18.0% 500万円

 

消費者金融の審査で調査される返済能力

消費者金融の審査では返済をするための能力も確認されています。それは申込書に記入した一つ一つの項目から判断されています。

 

一つ一つの項目は属性と呼ばれ、評価の点数をつけて加算方式で採点をします。合計点が高ければ返済能力が高いということです。

 

わかりやすい例でご説明しましょう。
職業も属性になりますが、それによって評価が変わります。

 

  1. 士業
  2. 公務員
  3. 大手企業正社員
  4. 中小企業正社員
  5. 自営業
  6. パートアルバイト
  7. 無職

 

このような順で評価されています。

 

ただし、職業だけで決まるものではありません。他にもさまざまな属性があります。

 

勤続年数、居住形態、家族構成など非常に細かな属性を加算することになるため、一つの項目だけの評価が高くても審査に通ることはありません。
逆に、職業の属性評価が低かったとしても、勤続年数が高ければ評価が高くなります。

 

属性は審査のために変えることができない項目です。
現状勝負となりますが、総合点がみられています。

 

消費者金融の審査で調査される信用力

過去や現在の債務履歴を集約している個人信用情報機関があります。ここに消費者金融は加盟をしているため、信用力調査のために照会が行われています。

 

総量規制がある消費者金融では、総量規制の上限となる年収の3分の1を超えることのないように融資限度額を決定していますが、そればかりではなく、信用力を調査しているということです。

 

過去の債務にトラブルがあれば審査に通ることはありません。
いわゆる事故情報、ブラックの状態です。

 

  • 債務整理
  • 3か月以上の返済の遅延
  • 代位弁済
  • 強制退会

 

このような記録が残っているということは、契約の返済を守らなかったということ、つまり契約不履行です。融資を行っても確実な返済が約束できないのであれば貸すことはできないということになります。

 

個人信用情報機関には自分の情報開示請求を行うことができます。
手数料が1,000円かかりますが、審査のために不安があれば情報を請求してみましょう。

 

消費者金融の審査にある在籍確認

最も不安に感じるのは在籍確認かもしれません。申込書に記入した勤務先に、確実に勤めていることを確認するために消費者金融が直接電話を掛けています。

 

消費者金融名を出すことは無く、あくまでも担当者個人の名前でかけるため大きな不安は必要ありません。

 

しかし、会社に個人から個人宛てに電話がかかってくることが普通のことではないということもあるでしょう。そんなときには、消費者金融に事前に相談をしてみましょう。

 

在籍確認の電話連絡時間を指定することもできます。プロミスとモビットでは、在籍確認を電話ではなく書類で行うことも相談次第では対応に応じています。書類とは、会社名と契約者名が記入された給与明細書です。

 

アコムでは在籍確認の電話が必須です。このように消費者金融によって在籍確認の対応が異なりますのでやはり事前の確認が必要になるでしょう。

 

どこの消費者金融でも、在籍確認が完了しなければ融資は絶対にないというものではありません。
休業日など会社が休みのこともありますのでいくつかの対応策があります。

 

消費者金融は危険なキャッシングではない

消費者金融といえば不安なイメージがあるかもしれません。しかし、現在の消費者金融は貸金業法によって厳しく規制されています。利息制限法があり、金利の最上限は20.0%と決められています。

 

取り立ても、貸金業法、金融庁、日本貸金業協会、各消費者金融で規制されています。安心できる消費者金融の土台ができているため、私たちが消費者金融の使い方を間違えることが無ければ不安はありません。

 

確かにはじめて消費者金融を利用するときというのは、不安もつきものです。ですが、消費者金融を上手に利用することで、毎日の暮らしにゆとりをもつことができ、より充実した日々を送ることができるようになったという前向きな声も多いのが近年の消費者金融事情です。

 

ぜひ、マイナスイメージばかりで消費者金融を決めつけてしまうことはやめて、まずは消費者金融について知ってみることからはじめてみましょう!
当サイトでもその手助けをすることができるのであれば幸いです。